犬の老年性初発白内障の進行防止に効果があり、水晶体混濁抑制作用を持っている動物用の医薬品です。

フェノキサジン系化合物の研究で開発されたピレノキシンという有効成分が入っており、容量は点眼液用顆粒87mgで溶解液15mlになっています。

獣医師の指導のもと、顆粒を黄色い透明の溶解液に適宜溶解し、1日1〜2滴、1日3〜5回点眼し、使用期限は3年なので用法用量を守り、溶解後は冷所で保存し、3週間以内に使用しましょう。

大切な愛犬の目のために、飼い主が目薬でケアしてあげて、目の健康を保ってあげましょう。
この点眼剤を投与すると、眼瞼炎や結膜充血、流涙が起こることがありますが、副作用が見られた場合は獣医師に相談し、診断を受けましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る