犬猫の便秘症を改善できる浣腸剤ですから、病院での処置でも症状が改善しなかった場合やペットの便秘でお悩みならオススメですよ。

有効成分としてクエン酸ナトリウム水和物とラウリルスルホ酢酸Naとソルビトールが配合されていて、依存性や習慣性が少ないため使用しやすいですが、長期的な使用や頻繁な使用は避けた方が良いでしょう。

チューブから液体を出して、ペットの肛門に入れて液体を入れて使用しますが、獣医師の指示に従って使用すると良いでしょう。

副作用の症状が出たら使用を中止して獣医師に診てもらい、投与した後にはきちんと手を洗いましょう。

症状に対して速やかに効果を発揮できるので、いざという時の常備薬として活用すると良いでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2021年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
ページ上部へ戻る