犬や猫の尿路感染症や細菌性皮膚感染症の治療で使われている複合抗菌生物質製剤ですが、細菌にアプローチして感染が治療できるため、ペット用の抗生物質を求めている方にオススメですよ。

犬と猫それぞれでペットの体重によって服用量が異なりますので、薬用のカッターを使用するなど用法用量を守って服用するようにしましょう。

有効成分であるアモキシシリンは、細菌の細胞壁へと作用するので副作用は比較的少ないと言われていますが、有効成分であるアモキシシリンを投与すると一過性の嘔吐や下痢、食欲の減退などの症状が出る事があるのだそうです。

ペットの尿に関する症状や感染症が気になっているなら、獣医師の指示を守って服用するようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る