愛犬の目の症状に効果があり、治療としても適している非ステロイド性の抗炎症薬で、無色橙明の点眼液です。

有効成分としてプラノプロフェンが入っていて、目に良いですが使用には獣医師の指導を守る必要があり、大切な愛犬の眼のために、用法用量を守り、健康を保ってあげましょう。

犬の結膜炎や角膜炎、眼瞼炎の治療として使えるので、1日4回・1回1〜2滴を愛犬の目に点眼し、2週間程度継続して投与し症状が改善しない場合は4週間まで投与しましょう。

症状に応じて点眼数を増減させて使い、まれに点眼により角膜炎や刺激が表れることがありますが、目の症状が良くならない場合や副作用が表れた場合は、点眼を中止して獣医師に相談し、他の治療に切り替えるようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2021年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
ページ上部へ戻る