皮膚の赤みとかゆみの症状を緩和できる犬猫兼用の免疫抑制内用液剤で、完治させるのは難しいと言われているペットの皮膚のケアにオススメですよ。

有効成分としてシクロスポリンを配合されているので、犬の難治性のアトピー性皮膚炎の症状や、猫の慢性アレルギー性皮膚炎の症状を緩和する効果が期待できるのです。

犬と猫で使用量が異なりますので、皮膚の弱いペットに対して医薬品でケアしてあげると良いでしょう。

副作用として食欲不振や消火器の症状、嘔吐や粘膜便などの症状が出る事があるという言われていますし、歯や肉球、皮膚や毛などに一過性のかゆみ症状が出る事もありますよ。

生ワクチンは併用しないように注意して、異常などあった場合には獣医師に相談しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2021年7月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
ページ上部へ戻る