大切な愛猫を、寄生虫から守るためには駆除薬を使用するのがオススメですから、高い効果を発揮する薬を選びましょう。

有効成分として、イミダクロプリドとモキシデクチンが含まれていて、イミダクロプリドは殺虫剤成分がノミの特定部位に作用して活動を低下させる効果があり、モキシデクチンには寄生虫の特定部位に作用する効果があるのです。

毎月1回の頻度で体重によって投与する量が異なり、1〜4kg未満は0,4mlピペットで投与し、4〜8kg未満なら0,8mlピペットで投与して、8kg以上の猫には適切なピペットで投与しましょう。

被毛を避けて、皮膚にピペットで適切な量を滴下する必要があり、内外部の寄生虫を駆除することができますが、外用薬としてのみ使用するよう注意しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2021年5月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
ページ上部へ戻る